【清水五条】知らなきゃ損!絶品オムライスと自家焙煎珈琲を楽しめる隠れ家カフェ「市川屋珈琲」

お店紹介
スポンサーリンク

 今回ご紹介するのは、国宝・千手観音を安置する三十三間堂近くにある「市川屋珈琲」です。「市川屋珈琲」は陶芸工房のあった築200年の町屋を改装し、 2015年にオープンした珈琲屋で、自家焙煎、ネルドリップにこだわった味のあるお店になります。今回たまたまいい雰囲気のお店を見つけてふらっと入ったのですが、料理の味もいい!雰囲気もいい!何もかもがいい!という店に巡り合えてしまいました!筆者はデミグラスオムライスを食べましたが、私の人生でおいしかったオムライスランキングを塗り替えるくらいおいしかったです!!!こちらのお店、気になる方はぜひご覧ください!

アクセス

市バスで訪れるのが一番近いです。清水寺や三十三間堂へ訪れた際に訪問するのにも適した立地です!

電車
・京阪本線「清水五条」から徒歩10分

バス
・市バス「五条坂」から徒歩3分

観光地
・清水寺から徒歩13分
・三十三間堂から徒歩10分

外観

 五条通から南へ少し入った閑静な住宅街にポツンとあります。京町屋らしく懐かしさも感じる外観は通りかかった人も「どんなところだろう?」と気になる雰囲気があります。私もこの気になる感じにつられてお店に入っていった一人です!そんなお店の前に置かれている赤いバイクはなんとお店のものだそうで、どことなくかわいらしい感じです!

内観・注文

 店内は京都の町屋の柱や梁を生かしたシックで明るい雰囲気です。陶芸工房のあった築200年以上の町屋とは思えないほどうまくリノベーションされていて温かみのある雰囲気も相まって、ここにいるだけで落ち着きます。店内の奥に入ると、天井の広い空間にテーブル席がありとても開放的な空間で食事をすることができます。近くに置かれている焙煎機やコーヒーミルがなんともいい味を出していて、ここで食事するだけでなんか特別感を感じます!

メニューはコーヒーからサンドイッチ、パスタにオムライスと軽食だけでなく、昼食にしっかりと食べられるようなメニューまでありました。今回は3人で訪れたので、「たまごサンド」「季節のフルーツサンド」「デミグラスオムライス」「クリームソーダ」を注文しました!

実食

まずは、「たまごサンド」です!サクサクに焼かれたパンに挟まれた溢れんばかりの卵はボリューム満点!!ですが、一口食べてみると、「あくまでも卵が主役!」と言わんばかりに、市販のサンドウィッチよりマヨネーズは控えめで、卵の美味しさやパンの甘みを感じられるお味でした!優しいお味で非常に美味しかったです!

季節のフルーツサンド(1180円)

続いてはこちら、「季節のフルーツサンド」!「今の時期一番おいしいフルーツをふんわり食パンと軽い生クリーム」でいただくこちらのフルーツサンドは分厚めでかなり食べ応えがあります♪ひとつのサンド内でフルーツの組み合わせが同じ部分はないため、一口ごとに違う味・食感を楽しむことができました!

デミグラスオムライス(800円)

そしてこちらが皆様お待ちかね、「デミグラスオムライス」です!見てください!写真だけでおいしいのがわかってしまいますね♪もう、食べる前からワクワクが止まりません!で、一口食べると薄皮なのにふわふわが感じられる玉子とバターがほんのり効いたバターライス、そしてコクのあるデミグラスソースのアンサンブルでもうめちゃくちゃおいしい!!!バターライスがうまくデミグラスのうまさを引き立たせていてもう私の語彙では表現できないくらい絶品のオムライスでした!これが800円なんて信じられない…また食べたいです!もちろん、私のおいしかったオムライスランキング堂々の1位です!

そして、こちらの「クリームソーダ」!最近飲めるところが少なくなった王道のクリームソーダです!!京町家の雰囲気でいただくクリームソーダは何とも言えない格別な味わいがありました!ソーダとシロップ、アイスクリームの甘ーい幸せな味と、炭酸のすっきりが最高でした!

まとめ

 今回は絶品オムライスと自家焙煎珈琲を楽しめる隠れ家カフェ「市川屋珈琲」をご紹介しました。町屋をうまく生かした温かみのある店内で味わう珈琲も料理もどれも絶品でまた行きたくなる、入り浸りたくなるようなカフェでした!皆さんもぜひ清水寺や三十三間堂周辺を訪れることがありましたら、持ってみてはいかがでしょうか?


市川屋珈琲
〒605-0875 京都府京都市東山区渋谷通東大路西入鐘鋳町396-2
TEL 075-748-1354
営業時間:9時00分~17時00分
定休日:火曜日
ホームページ:https://ichikawaya.thebase.in/

コメント

タイトルとURLをコピーしました